大不平等 : エレファントカーブが予測する未来

書誌事項

大不平等 : エレファントカーブが予測する未来

ブランコ・ミラノヴィッチ [著] ; 立木勝訳

みすず書房, 2017.6

タイトル別名

Global inequality : a new approach for the age of globalization

タイトル読み

ダイフビョウドウ : エレファント カーブ ガ ヨソク スル ミライ

大学図書館所蔵 件 / 232

注記

参考文献: 巻末p[28]-41

原著(Cambridge, Mass. : Belknap Press of Harvard University Press, 2016)の翻訳

内容説明・目次

内容説明

新理論と実証で、所得分布の大変動を描きだす、新しい経済学。2016年『エコノミスト』『フィナンシャル・タイムズ』ベストブック。

目次

  • 1 グローバル中間層の台頭とグローバル超富裕層(グローバリゼーションで誰が得をしたのか;グローバルな所得分布で見た所得の絶対増加 ほか)
  • 2 各国内の不平等—クズネッツ波形を導入して不平等の長期的な流れを説明する(クズネッツ仮説への不満の原点;クズネッツ波形—定義 ほか)
  • 3 各国間の不平等—カール・マルクスからフランツ・ファノン、そして再びマルクスへ?(グローバルな不平等の水準と構成の変化;1820年から2011年までのグローバルな不平等 ほか)
  • 4 今世紀および来世紀のグローバルな不平等(この章を読むに当たっての注意;主要な力の概説—経済の収束とクズネッツ波形 ほか)
  • 5 次はどうなるのか—将来の所得不平等とグローバリゼーションについての10の短い考察(今世紀のグローバルな不平等を形成するのはどのような力か;豊かな国々の中間層はどうなるか ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB23860836
  • ISBN
    • 9784622086130
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    ix, 244, 41p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ