集合論による社会的カテゴリー論の展開 : ブール代数と質的比較分析の応用

書誌事項

集合論による社会的カテゴリー論の展開 : ブール代数と質的比較分析の応用

石田淳著

(大阪経済大学研究叢書, 第86冊)

勁草書房, 2017.8

タイトル別名

Set-theoretic social category theory : an application of Boolean algebra and qualitative comparative analysis

タイトル読み

シュウゴウロン ニヨル シャカイテキ カテゴリーロン ノ テンカイ : ブール ダイスウ ト シツテキ ヒカク ブンセキ ノ オウヨウ

大学図書館所蔵 件 / 78

注記

文献一覧: p157-164

内容説明・目次

内容説明

質的研究のより体系化・基準化された記述のために。質的なカテゴリーの分析に、論理と集合に数学的モデルであるブール代数を用いる。

目次

  • 第1章 論理
  • 第2章 集合
  • 第3章 ブール代数
  • 第4章 質的比較分析(QCA)
  • 第5章 社会的カテゴリー論
  • 第6章 日本人の条件
  • 第7章 ファジィ集合質的比較分析(fsQCA)による概念再構成

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB24281696
  • ISBN
    • 9784326602971
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    ix, 167p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ