Rではじめる機械学習 : データサイズを抑えて軽量な環境で攻略法を探る

書誌事項

Rではじめる機械学習 : データサイズを抑えて軽量な環境で攻略法を探る

長橋賢吾著

(Impress top gear)

インプレス, 2017.9

タイトル別名

Beginning machine learning with R

Rではじめる機械学習

タイトル読み

R デ ハジメル キカイ ガクシュウ : データ サイズ オ オサエテ ケイリョウナ カンキョウ デ コウリャクホウ オ サグル

大学図書館所蔵 件 / 102

この図書・雑誌をさがす

内容説明・目次

内容説明

Rは、統計解析のためのプログラミング言語・開発環境であり、機械学習で利用できるライブラリが数多く提供されています。ただし、膨大なデータの処理よりもプロトタイピングや検証に適しています。本書ではまず、機械学習の考え方や、その基礎となる統計についてわかりやすく説明します。それを踏まえて、代表的な機械学習の理論を押さえながら、Rのさまざまな活用法を解説します。本書を読んで、Rによる機械学習の試行や検証を始めてみましょう。

目次

  • 第1章 Rと機械学習の基礎
  • 第2章 回帰分析で目的変数の値や発生確率を予測
  • 第3章 クラスタリング分析の3つの手法でデータを分類
  • 第4章 主成分分析・因子分析で属性を削減し因子を特定
  • 第5章 アソシエーション分析で関連性がある物事を見極める
  • 第6章 サポートベクターマシンでクラス分類
  • 第7章 アンサンブル学習と正則化—モデルの組み合わせと過学習の解決
  • 第8章 ベイズ推定とMCMC—事後確率や状態確率を求める
  • 第9章 ニューラルネットワークとディープラーニング

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ