「神話史観」の全面展開と軍国主義

書誌事項

「神話史観」の全面展開と軍国主義

梅田正己著

(日本ナショナリズムの歴史 / 梅田正己著, 3)

高文研, 2017.10

タイトル別名

神話史観の全面展開と軍国主義

タイトル読み

シンワ シカン ノ ゼンメン テンカイ ト グンコク シュギ

大学図書館所蔵 件 / 79

内容説明・目次

内容説明

陸軍による「軍国主義宣言」から「国体明徴」運動、文部官僚による『国体の本義』、そして遂に「無謀な戦争」へと突き進んだ—この国を「神国ナショナリズム」が席巻した時代を描く!

目次

  • 7章 神国ナショナリズムと軍国主義日本(日清戦争から満州事変まで;軍による“軍国主義”宣言『陸軍パンフレット』;美濃部博士バッシングから「国体明徴」運動へ;文部省『国体の本義』の“神話史観”;矢内原教授を東大から追放したもの;国家総動員法と津田左右吉「神話研究」の抹殺;日本軍国主義思想の極点—文部省『臣民の道』と陸軍省『戦陣訓』;国民学校(旧小学校)をつらぬいた教育思想;軍国主義がつくりあげた人間像)
  • 8章 大日本帝国の崩壊と天皇制のゆくえ(対米英戦争の緒戦と結末;敗戦で問われた天皇制;「神権天皇」から「象徴天皇」へ;「人間宣言」と全国巡幸)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ