書誌事項

地図で見るバルカン半島ハンドブック

アマエル・カッタルッツァ, ピエール・サンテス著 ; ロマン・アンバック地図製作 ; 太田佐絵子訳

原書房, 2017.11

タイトル別名

Atlas géopolitique des Balkans : un autre visage de l'Europe

バルカン半島ハンドブック : 地図で見る

タイトル読み

チズ デ ミル バルカン ハントウ ハンドブック

大学図書館所蔵 件 / 171

注記

原著 (Éditions Autrement, c2016) の翻訳

序文: ミシェル・フーシェ

参考文献: p160-162

内容説明・目次

内容説明

1990年代からつねに激動のなかにある国家と民族のモザイク、バルカン半島の複雑さを理解するための100以上の地図とグラフ。アルバニア、ボスニア、ヘルツェゴヴィナ、ブルガリア、クロアチア、ギリシア、コソヴォ、モンテネグロ、マケドニア共和国、セルビア、ルーマニア、スロヴェニア国家のなりたちとその変遷。ロシアの影響力と欧州連合への統合とのあいだで、大きな地政学的課題をかかえる地域。音楽とスポーツと遺産—バルカン半島がヨーロッパや世界におよぼす影響力。

目次

  • 帝国の境界から国民国家へ(「ヨーロッパのトルコ」時代のバルカン半島;国民国家の形成 ほか)
  • 再構築される社会(人口分布の特徴;人口の空間力学 ほか)
  • 共同体と政治的アイデンティティ(アイデンティティの政治化;宗教と言語—集団的アイデンティティの媒体? ほか)
  • 「大国のかけひき」の場であるバルカン半島(バルカン半島に直面する世界;国際的援助か保護国か ほか)
  • さまざまなバルカンらしさ(海外移住者たちのバルカン;変化しつつある観光目的地 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ