書誌事項

ハリー・ポッターと呪いの子

J.K.ローリング, ジョン・ティファニー, ジャック・ソーン著 ; ジャック・ソーン舞台脚本 ; 松岡佑子訳

静山社, 2017.12

舞台脚本愛蔵版

  • 第1部・第2部

タイトル別名

Harry Potter and cursed child, parts one and two (playscript)

Harry Potter and the cursed child

ハリーポッターと呪いの子

タイトル読み

ハリー・ポッター ト ノロイ ノ コ

大学図書館所蔵 件 / 30

注記

ハリー・ポッター家系図, 年表: 巻末

標題紙に「J.K. Rowling's wizarding world」とあり

内容説明・目次

内容説明

『ハリー・ポッターと死の秘宝』での戦いから19年が経ち、父親となったハリーが2人目の子どもをホグワーツ魔法学校へと送り出したその後の物語です。ハリー・ポッターとして生きるのはもちろんたいへんなことだったのですが、その後のハリーも決して楽ではありません。今やハリーは、夫として、また3人の子を持つ父親として、魔法省の激務に押しつぶされそうな日々をすごしています。ハリーがすでにけりをつけたはずの過去と取り組まなければならない一方、次男のアルパスは、望んでもいない“ハリー一家の伝説”という重圧と闘わなければなりません。過去と現実は不吉にからみあい、父も子も痛い真実を知ることになります。3人の著者による新作オリジナル・ストーリー。

目次

  • 対話 舞台脚本をどう読むか
  • 第1部(第一幕;第二幕)
  • 第2部(第三幕;第四幕)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB25116119
  • ISBN
    • 9784863893993
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    424p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
ページトップへ