書誌事項

時間の流れと文章の組み立て : 林言語学の再解釈

庵功雄, 石黒圭, 丸山岳彦編

ひつじ書房, 2017.12

タイトル別名

The dynamic construction of discourse over time : interpretations of Hayashi linguistics

タイトル読み

ジカン ノ ナガレ ト ブンショウ ノ クミタテ : ハヤシ ゲンゴガク ノ サイカイシャク

大学図書館所蔵 件 / 95

注記

参考文献: 各章末

内容説明・目次

目次

  • 『基本文型の研究』における文型観と階層観
  • 『基本文型の研究』における条件文の分類
  • 「基本文型」の再構築
  • テキスト言語学から見た『文の姿勢の研究』
  • 読解研究から見た『文の姿勢の研究』
  • 「起こし文型」設計思想の検討—なぜ「終結型」はなかったか
  • 国語教育における林四郎の基本文型論の再評価—『基本文型の研究』『文の姿勢の研究』及びその関連文献を中心に
  • 日本語教育から見た『基本文型の研究』
  • ストーリーテリングにおける順接表現の談話展開機能
  • 語りの談話における節のくりかえしとその文脈
  • 既知と未知の食べ物を巡る曼荼羅—試食会の会話を例に

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ