書誌事項

誰がために鐘は鳴る

ヘミングウェイ [著] ; 高見浩訳

(新潮文庫, 10739-10740, ヘ-2-6, ヘ-2-7)

新潮社, 2018.3

  • 上巻
  • 下巻

タイトル別名

For whom the bell tolls

タイトル読み

タ ガ タメ ニ カネ ワ ナル

大学図書館所蔵 件 / 32

注記

ヘミングウェイスペイン内戦関連年譜: 下巻p494-495

内容説明・目次

巻冊次

上巻 ISBN 9784102100165

内容説明

1930年代後半、スペイン内戦。共和国側の義勇兵であるアメリカ人ジョーダンは、山峡の橋の爆破を命ぜられる。協力するゲリラ隊には、腹の読めないパブロ、女傑ピラール、そして敵側に両親を殺された娘、マリアらがいた。無垢なマリアと恋に落ちたジョーダンだが、死を賭した作戦決行が数日後に迫っていた。内戦取材を元に、激動する運命と愛を生々しく描き切る、ヘミングウェイ畢生の大作。
巻冊次

下巻 ISBN 9784102100172

内容説明

マリアとの愛とゲリラ隊の面々への理解を深めていくジョーダンは、華やかで享楽的なマドリードにマリアを伴う未来を夢想する。だが、仲間のゲリラ隊がファシスト側との凄絶な闘いを経て全滅し、戦況は悪化。ジョーダンは果たして橋梁爆破の任務を遂行することができるのか—。スペインを愛し、その過酷な現実を直視したヘミングウェイが書き上げた、戦争の意味と人間の本質を問う渾身の傑作。

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB25664613
  • ISBN
    • 9784102100165
    • 9784102100172
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    2冊
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ