アーレントのマルクス : 労働と全体主義

書誌事項

アーレントのマルクス : 労働と全体主義

百木漠著

人文書院, 2018.2

タイトル読み

アーレント ノ マルクス : ロウドウ ト ゼンタイ シュギ

大学図書館所蔵 件 / 111

注記

2015年3月に京都大学大学院人間・環境学研究科に提出した博士号申請論文「『労働』と全体主義 : 『無限増殖運動』に抗するアーレント」を元に執筆したもの(あとがきによる)

参考文献: p327-338

内容説明・目次

内容説明

『全体主義の起源』発表後、アーレントはマルクス研究に没頭した。その成果は、七年後、『人間の条件』に結実する。アーレントはどのようにマルクスを読み、そこに何を見出したのか。誤読・曲解と評されるマルクス批判に、アーレントの可能性の中心を見出す、新鋭による力作。

目次

  • 序章 いま、なぜアーレントなのか?
  • 第1章 『全体主義の起源』と『人間の条件』のあいだ
  • 第2章 アーレントとマルクスの労働思想比較
  • 第3章 労働・政治・余暇
  • 第4章 「社会的なもの」の根源
  • 第5章 「余計なもの」の廃棄
  • 第6章 “労働する動物”に「政治」は可能か?
  • 終章 「労働」から「仕事」へ

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ