近代天皇制から象徴天皇制へ : 「象徴」への道程

書誌事項

近代天皇制から象徴天皇制へ : 「象徴」への道程

河西秀哉著

吉田書店, 2018.2

タイトル別名

From modern emperor system to symbol emperor system

近代天皇制から象徴天皇制へ : 象徴への道程

タイトル読み

キンダイ テンノウセイ カラ ショウチョウ テンノウセイ エ : ショウチョウ エノ ドウテイ

大学図書館所蔵 件 / 100

注記

博士論文「「文化平和国家」と象徴天皇 : 道徳・国家・マスコミ」(名古屋大学, 2008年提出) を下敷きにしたもの

内容説明・目次

内容説明

「象徴」とは何だろうか。その歴史的意味は何か。気鋭の歴史家が戦前にまで遡って解明する。

目次

  • 序章 近現代天皇制研究の成果と課題
  • 第1章 世界的な君主制の危機と近代天皇制—吉野作造の天皇制構想
  • 第2章 「デモクラシー」と「国体」—永田秀次郎の思想と行動
  • 補論 大正期の天皇制・「国体」とマスメディア・社会
  • 第3章 戦時体制と天皇制
  • 第4章 敗戦直後の天皇制構想
  • 第5章 戦争責任論と象徴天皇制
  • 終章 「元首」と「象徴」のはざま

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB25772591
  • ISBN
    • 9784905497615
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    246p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ