グレアム・グリーンある映画的人生

書誌事項

グレアム・グリーンある映画的人生

佐藤元状著

慶應義塾大学出版会, 2018.3

タイトル別名

グレアムグリーンある映画的人生

グレアム・グリーン : ある映画的人生

タイトル読み

グレアム グリーン アル エイガテキ ジンセイ

大学図書館所蔵 件 / 96

注記

グレアム・グリーン年譜: p339-344

参考文献: 巻末p12-20

内容説明・目次

内容説明

『スタンブール特急』『ブライトン・ロック』『第三の男』『情事の終わり』—映画批評家としても活躍した小説家グレアム・グリーン(1904‐1991)の映画的側面に光をあて、ヒッチコック、チャップリン、ルネ・クレール、フリッツ・ラングなど、同時代の映画作家とのかかわりからグリーンを“遅れてきたモダニスト”として捉えなおす。

目次

  • 第1部 トーキーの夜明け(ミドルブラウのアダプテーション空間—『スタンブール特急』と『オリエント急行殺人事件』;風刺としての資本主義批判—『ここは戦場だ』と『自由を我等に』)
  • 第2部 ジャンルの法則(メロドラマ的想像力とは何か—『拳銃売ります』と『三十九夜』;聖と俗の弁証法—『ブライトン・ロック』と『望郷』)
  • 第3部 映画の彼方へ(プロパガンダへの抵抗—『恐怖省』と『マン・ハント』;男たちの絆—『第三の男』と『ヴァージニアン』)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB25781898
  • ISBN
    • 9784766425109
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    344, 22p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ