患者の心を誰がみるのか : がん患者に寄り添いつづけた精神科医・丸田俊彦の言葉

書誌事項

患者の心を誰がみるのか : がん患者に寄り添いつづけた精神科医・丸田俊彦の言葉

岡山慶子, 中村清吾, 森さち子編著

岩崎学術出版社, 2018.3

タイトル読み

カンジャ ノ ココロ オ ダレ ガ ミル ノカ : ガン カンジャ ニ ヨリソイ ツズケタ セイシンカイ マルタ トシヒコ ノ コトバ

大学図書館所蔵 件 / 53

内容説明・目次

内容説明

あなたと共にいる—40年間がん患者の心と向き合い、自らも肺がんを患いながら、最期まで患者に寄り添った精神科医が語った20の言葉。

目次

  • 第1章 悩める人といつも共にいること—丸田俊彦が語った20の言葉(答えがほしい;「わかった」と心の中で思ったときに努力が止まる ほか)
  • 第2章 患者の心を誰がみるのか(メイヨー・クリニックでの三十二年間の臨床体験から;自らががん患者となって考えたこと)
  • 第3章 チームで患者の心をみる(器に魂が入った瞬間;ブレストセンターが担うもの ほか)
  • 第4章 グループ・カウンセリングで患者の心をみる(キャンサーリボンズで行われたグループ・カウンセリング;カウンセリングの意味・意義 ほか)
  • 第5章 サイコセラピストとして患者の心をみる(グループ・カウンセリング—丸田先生の存在の意義;患者になること—人の心に敏感になる体験)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB25908219
  • ISBN
    • 9784753311323
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    184p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ