書誌事項

臨床家河合隼雄

谷川俊太郎, 河合俊雄編

(岩波現代文庫, 学術 ; 381)

岩波書店, 2018.4

タイトル別名

河合隼雄 : 臨床家

タイトル読み

リンショウカ カワイ ハヤオ

大学図書館所蔵 件 / 113

注記

2009年刊の文庫化に際し「河合隼雄語録」と「河合隼雄の心理療法」を割愛し、河合俊雄による新たな論考を収録

河合隼雄年譜: 巻末p2-4

内容説明・目次

内容説明

日本初のユング派分析家の資格をとり、心理療法の普及に貢献した河合隼雄。多方面で活躍した臨床家の姿を、事例発表の記録や教育分析を受けた心理学者の体験談、臨床の仕事以外の場面で交際した谷川俊太郎と編集者の対談、分析家の道に導いたシュピーゲルマン博士のインタビューなどを通して多角的に捉える。現代文庫版では同じく臨床家の道を歩んだ息子・河合俊雄による新たな論考も収録。

目次

  • 序論(臨床家・河合隼雄)
  • 記録(家を背負うということ—無気力の裏に潜むもの)
  • 河合隼雄の分析(臨床家 河合隼雄—私の受けた分析経験から;分析体験での箱庭;河合隼雄という臨床家;スーパーヴィジョンの体験から)
  • 河合隼雄という体験(対談 河合さんというひと;物語を生きる人間と「生と死」;河合先生との対話;私の「河合隼雄」;河合隼雄との三度の再会)
  • インタビュー ユング派河合隼雄の源流を遡る(J・M・シュピーゲルマン/河合俊雄(聞き手))

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ