書誌事項

埋もれし近代日本の経済学者たち

八木紀一郎, 柳田芳伸編

昭和堂, 2018.3

タイトル別名

埋もれし近代日本の経済学者たち

タイトル読み

ウズモレシ キンダイ ニホン ノ ケイザイ ガクシャ タチ

大学図書館所蔵 件 / 67

注記

参考文献あり

人名索引: 巻末pii-vii

事項索引: 巻末pviii-xi

収録内容

  • 近代日本の知識社会のなかでの経済学 : 多様性と忘却 / 八木紀一郎, 柳田芳伸 [執筆]
  • 明治期、私立高等教育機関で経済学教育を担った人びと : 田尻稲次郎を中心に / 瀬戸口龍一 [執筆]
  • 武藤長蔵の多識と実学 : 実学教育機関における文献学的・歴史学的研究 / 谷澤毅 [執筆]
  • 啓蒙派エコノミスト太田正孝 : 官界・新聞界・政界を渡り歩いた健筆家 / 上久保敏 [執筆]
  • カウツキーの人口論の導入者たち / 柳田芳伸 [執筆]
  • 父、本多龍雄 / 森淳子 [執筆]
  • 郡菊之助 : 一統計学者の軌跡と光芒 / 藪内武司 [執筆]
  • 小農研究の先駆者 : 東浦庄治 / 玉真之介 [執筆]
  • 荒木光太郎 : ネットワークを通じた経済学の制度化 / 牧野邦昭 [執筆]
  • 両大戦間期ドイツでの在外研究 : 経済学者の共和国体験 / 八木紀一郎 [執筆]
  • 外地帝国大学における経済学者たち : 鈴木武雄と楠井隆三を中心に / 山﨑好裕 [執筆]
  • 卒業論文から見た台北高等商業学校の商業教育 / 渡辺邦博 [執筆]
  • 井筒俊彦の「方法としてのイスラーム」 : 東亜経済調査局および回教圏研究所での事績をふまえて / 吉野浩司 [執筆]

詳細情報

ページトップへ