書誌事項

荒地 ; 文化の定義のための覚書

T・S・エリオット著 ; 深瀬基寛訳

(中公文庫, [エ-6-1])

中央公論新社, 2018.4

タイトル別名

The waste land

Notes towards the definition of culture

タイトル読み

アレチ ; ブンカ ノ テイギ ノ タメ ノ オボエガキ

大学図書館所蔵 件 / 21

注記

中央公論社版『エリオット全集』(改訂版、1971年)を底本として独自に編集したもの

叢書番号はブックジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

第一次大戦後のヨーロッパの精神的混迷を背景とした長篇詩「荒地」。第二次大戦下において対立・分断された文化の統一性を探究した鋭利な文化論。この代表作二篇を合わせた決定板作品集。巻末に深瀬基寛による概説「エリオットの人と思想」を併録する。

目次

  • 荒地(死者の埋葬;チェス遊び;劫火の説教;水死;雷の曰く)
  • 文化の定義のための覚書(「カルチュア」の三つの意味;階級と「エリット」;統一性と多様性:地域;統一性と多様性:宗派と祭式;文化と政治についての一つの覚書 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB25984589
  • ISBN
    • 9784122065789
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    332p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ