書誌事項

明治天皇の大日本帝国

西川誠 [著]

(講談社学術文庫, [2487] . 天皇の歴史||テンノウ ノ レキシ ; 7)

講談社, 2018.6

タイトル別名

明治天皇の大日本帝国

タイトル読み

メイジ テンノウ ノ ダイニッポン テイコク

大学図書館所蔵 件 / 166

注記

原本は2011年7月に講談社より刊行

シリーズ番号はブックジャケットによる

参考文献: p348-360

年表: p361-373

内容説明・目次

内容説明

幕末の混乱の中で皇位に就いた少年は、京都を離れて江戸城跡に新たな宮殿を構え、「建国の父祖」の一員へと成長した。復古の象徴にして神道の主宰者はまた、その存在が近代憲法に規定され、髷を切り、軍服を着た「欧化」の体現者だった。洋装の皇后とともに巡幸と御真影でその姿を国民に見せ続け、「万国対峙」を追求した「我らの大帝」とその時代を描く。

目次

  • 序章 欧化と復古を生きた「大帝」
  • 第1章 小御所会議の「幼冲の天子」
  • 第2章 京都の天皇から東京の天皇へ
  • 第3章 明治憲法と天皇
  • 第4章 立憲君主としての決断
  • 第5章 万国対峙の達成
  • 終章 君主の成長と近代国家

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ