模倣と他者性 : 感覚における特有の歴史

書誌事項

模倣と他者性 : 感覚における特有の歴史

マイケル・タウシグ著 ; 井村俊義訳

(人類学の転回叢書)

水声社, 2018.6

タイトル別名

Mimesis and alterity : a particular history of the senses

タイトル読み

モホウ ト タシャセイ : カンカク ニオケル トクユウ ノ レキシ

大学図書館所蔵 件 / 97

注記

原著 (Routledge, 1993) の全訳

参考文献: p397-408

内容説明・目次

内容説明

「近代社会」の構造を揺さぶる“模倣の能力”を復活させ、“第二の自然(セカンド・ネイチャー)”を創造せよ!

目次

  • 人は精霊をなんらかの方法で描写することによって自らを守る
  • 視覚世界における観相学の側面
  • 空間から出るということ
  • 金枝篇—模倣の呪術
  • 黄金の軍隊—模倣の組織化
  • 世界史の風を帆に受けて
  • 模倣の精神、贈与の精神
  • 模倣の世界、目に見えない分身
  • 世界の起源
  • 他者性
  • 他社性の色彩
  • 白いインディアンの捜索
  • 女としてのアメリカ—西欧の衣服がもつ呪術
  • 蓄音機
  • ヒズ・マスターズ・ヴォイス
  • 反射/省察
  • ポストコロニアル時代の共感呪術

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB26406883
  • ISBN
    • 9784801003491
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    412p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ