ドゥルーズ+ガタリ「アンチ・オイディプス」入門講義

書誌事項

ドゥルーズ+ガタリ「アンチ・オイディプス」入門講義

仲正昌樹著

作品社, 2018.7

タイトル別名

Introductory lectures on L'anti-Œdipe

ドゥルーズガタリアンチオイディプス入門講義

「アンチ・オイディプス」入門講義 : ドゥルーズ+ガタリ

タイトル読み

ドゥルーズ+ガタリ「アンチ・オイディプス」ニュウモン コウギ

大学図書館所蔵 件 / 96

注記

読書案内: p429-432

『アンチ・オイディプス』関連年表: p433-436

内容説明・目次

内容説明

ポストモダンの原基を攻略する。68年、著者二人の出会いが、革命の書を生んだ。この複雑な網の目のような“危険な思考”は、しかし、あまりにも、わかりにくい。「欲望機械」、「分裂分析」、「器官なき身体」など、正体不明な用語を丁寧に説明。きわめて創造的な思想とそのカオスな文脈をきっちり解きほぐす。知に衝撃を与えた、“わけのわからない”テクストを、現代思想の第一人者が、わかりやすく完全読解。

目次

  • 講義 第1回 新たなる哲学のマニフェスト—第一章
  • 講義 第2回 精神分析批判と家族—第二章第一節〜第六節
  • 講義 第3回 エディプス・コンプレックスの起源—第二章第七節〜第三章第三節
  • 講義 第4回 資本主義機械—第三章第三節後半〜第一〇節
  • 講義 第5回 「分裂分析」と「新たな大地」への序章—第三章第一一節〜第四章第三節
  • 講義 第6回 分裂しつつ自己再生産し続ける、その果て—第四章第四節〜五節

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ