島原の乱 : キリシタン信仰と武装蜂起

書誌事項

島原の乱 : キリシタン信仰と武装蜂起

神田千里 [著]

(講談社学術文庫, [2522])

講談社, 2018.8

タイトル読み

シマバラ ノ ラン : キリシタン シンコウ ト ブソウ ホウキ

大学図書館所蔵 件 / 154

注記

原本: 2005年刊, 中公新書

シリーズ番号はブックジャケットによる

使用・引用した参考文献: p262-266

参考文献: p294

内容説明・目次

内容説明

関ヶ原の記憶も遠のいた一六三七年、彼らは突如蜂起した。幕府を狼狽させ、大軍十二万をもってようやく鎮定された未曾有の一揆は、なぜ起きたか。抵抗の論理だけでは説明できない核心は何か。信者のみならず、民衆、戦国気風の牢人、再改宗者らが絡み合う実相を、宗教という視点から戦国時代を考察してきた第一人者が描く。島原の乱研究の決定版!

目次

  • 第1章 立ち帰るキリシタン
  • 第2章 宗教一揆の実像
  • 第3章 蜂起への道程
  • 第4章 一揆と城方との抗争
  • 第5章 原城籠城
  • 第6章 一揆と信仰とのつながり

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ