書誌事項

「碧巌録」を読む

末木文美士著

(岩波現代文庫, 学術 ; G387)

岩波書店, 2018.8

タイトル別名

碧巌録を読む

タイトル読み

ヘキガンロク オ ヨム

大学図書館所蔵 件 / 91

注記

現代語訳で読める禅語録: p266-268

1998.7刊の岩波セミナーブックスの文庫化

内容説明・目次

内容説明

『碧巌録』とは、北宋初期の雪竇重顕が古則百則に対して頌をつけた公案集に、北宋晩期の圜悟克勤が垂示・著語・評唱を加えた禅の教本である。「宗門第一の書」と称され、日本の禅にも多大な影響をあたえた。重層的な構造わ有する禅教本の最高峰を、本書では、言語による言語の解体行為という視点から、精緻に読み解いて行く。読者を巻き込みながら自在に展開する「文字禅」の世界とは何か。その魅力を平易に伝える画期的な入門書。

目次

  • 第1講 禅の根本問題(『碧巌録』というテキスト;達磨、武帝をやりこめる(第一則) ほか)
  • 第2講 禅の言語論(言語における意味の剥奪;趙州の最高の道(第二則) ほか)
  • 第3講 禅の存在論(言語と存在;露呈する世界 ほか)
  • 第4講 禅の人間論(禅における主体と自由;禅における他者 ほか)
  • 補講 改めて『碧巌録』を読む
  • 付録(『碧巌録』全一〇〇則標題・登場人物一覧;現代語訳で読める禅語録)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB26643663
  • ISBN
    • 9784006003876
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vi, 274p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ