美意識のありか : 万葉のこころが育てた感性

書誌事項

美意識のありか : 万葉のこころが育てた感性

樹下龍児著

弦書房, 2018.7

タイトル読み

ビイシキ ノ アリカ : マンヨウ ノ ココロ ガ ソダテタ カンセイ

大学図書館所蔵 件 / 42

注記

参考文献: p208-212

内容説明・目次

内容説明

日本人独自の感性はどこからくるのか。自然の風物が造り出す形・音・色・光と影を細やかにとらえながら、歌・童話・布地の模様などに描き出す。この美意識の源を、近代教科書の文章と挿絵に探り、どのように育まれ、受け継がれてきたのかを明快に語る画期的な一冊。

目次

  • 1 四季の移ろい(挿絵が育てた四季の感性;人の一生;米と稲わらの文化;蝶・蜻蛉・虫の声)
  • 2 超越する存在(「小さ子」の物語;大樹のはなし;仰ぎ見る富士・登る富士)
  • 3 風雅のおしえ(花を待つこころ;そろったことば;洋薔薇と文明開化;月に想いを;雪月花・こころ澄むかたち;小学唱歌と童謡)
  • 4 生活の美(生活に美を;日常の美とやすらぎ;子どもに教えた日本の模様;図案からデザインへ;文様のなかに風が吹く—コプト織と曼荼羅をこえて)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB26787583
  • ISBN
    • 9784863291744
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    福岡
  • ページ数/冊数
    212p, 図版[4]p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ