由利公正 : 万機公論に決し、私に論ずるなかれ

書誌事項

由利公正 : 万機公論に決し、私に論ずるなかれ

角鹿尚計著

(ミネルヴァ日本評伝選)

ミネルヴァ書房, 2018.10

タイトル別名

由利公正 : 万機公論に決し私に論ずるなかれ

タイトル読み

ユリ キミマサ : バンキ コウロン ニ ケッシ、ワタクシ ニ ロンズル ナカレ

大学図書館所蔵 件 / 175

注記

参考文献: p281-294

由利公正年譜: p297-307

著者の「角」はつきだすすみ

内容説明・目次

内容説明

由利公正(三岡八郎)(一八二九〜一九〇九)幕末の福井藩士、明治期の政治家・実業家。福井藩の財政再建で頭角を現し、坂本龍馬の推挙により維新政府財政担当となり、「五箇条の御誓文」の草案も起草した由利公正。幾度もの抵抗や左遷を受けながらも、殖産興業と公議公論の発展に尽力した生涯を振り返る。

目次

  • 第1章 家系と家族
  • 第2章 福井藩士三岡石五郎
  • 第3章 安政期までの公正と福井藩政
  • 第4章 殖産興業と公正
  • 第5章 藩から天下へ
  • 第6章 新政府の綱領制定と財政策
  • 第7章 東京と福井
  • 第8章 東京府政の改革と発展
  • 第9章 社会への広遠な活動と功績
  • 第10章 栄光と終焉

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB27003882
  • ISBN
    • 9784623084548
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    xxii, 307, 10p, 図版 [2] p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ