朝鮮半島危機から対話へ : 変動する東アジアの地政図

書誌事項

朝鮮半島危機から対話へ : 変動する東アジアの地政図

李鍾元, 木宮正史編

岩波書店, 2018.10

タイトル別名

朝鮮半島 : 危機から対話へ : 変動する東アジアの地政図

タイトル読み

チョウセン ハントウ キキ カラ タイワ エ : ヘンドウ スル ヒガシアジア ノ チセイズ

大学図書館所蔵 件 / 112

内容説明・目次

内容説明

電撃的な南北・米朝首脳会談の実現により、朝鮮半島をめぐる国際情勢は激動を迎えている。金正恩の北朝鮮、文在寅の韓国、トランプのアメリカ、習近平の中国は何を考えているのか。そして日本外交は今後どうすべきなのか。今起こっている大転換の意味とは。世界を「現実的」に見つめ直すために不可欠な論点を提示する。

目次

  • 1 「戦争の危機」から「平和のための対話」へ—東アジアの構造変動をよみとく(李鍾元;木宮正史)
  • 2 金正恩体制は何を目指すか—「権力の確立」から「体制の保証」へ(平井久志)
  • 3 朝鮮半島の非核化と文在寅政権の戦略(文正仁)
  • 4 「追い込まれた米国」が解凍した二五年の先送り—トランプと金正恩を繋いだインテリジェンスルート(尾形聡彦)
  • 5 朝鮮半島「非核化」の先を見据える習近平(朱建榮)
  • 6 米朝核交渉と日本外交(田中均;太田昌克)
  • 7 日朝国交正常化はなぜ必要か(太田修)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ