書誌事項

農家が消える : 自然資源経済論からの提言

寺西俊一, 石田信隆, 山下英俊編著

みすず書房, 2018.10

タイトル別名

農家が消える : 自然資源経済論からの提言

タイトル読み

ノウカ ガ キエル : シゼン シゲン ケイザイロン カラ ノ テイゲン

大学図書館所蔵 件 / 182

内容説明・目次

内容説明

日本の食と自然・風土を支えてきた農家が歴史的な岐路に立つ。持続可能な農業・食料・エネルギー利用の仕組みを、アジアと連携し発展する環境共同体につなぐ道。

目次

  • いま、なぜ自然資源経済論か
  • 1 歴史的な岐路に立つ農業・農山村(農業・農山村危機の実像とその背景;これからの農業・農山村政策;人間と自然資源のかかわりを再構築するために)
  • 2 世界のなかの自然資源経済(条件不利な農業・農山村を支える仕組み—EUとオーストリア;景観・文化の保全—かけがえのない価値を守る仕組み;農山村地域からのエネルギー転換;貿易と経済連携への新視角—東アジア地域との共生へ)
  • 自然資源経済の担い手をどう支えていくか

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB27037873
  • ISBN
    • 9784622087373
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    302p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ