書誌事項

死刑囚最後の日

ユゴー著 ; 小倉孝誠訳

(光文社古典新訳文庫, [KAユ1-1])

光文社, 2018.12

タイトル別名

Le dernier jour d'un condamné

タイトル読み

シケイシュウ サイゴ ノ ヒ

大学図書館所蔵 件 / 109

注記

底本: Le dernier jour d'un condamné, Œuvres complètes de Victor Hugo, t. 3, Le Club français du livre, 1967

シリーズ番号はブックジャケットによる

ヴィクトル・ユゴー年譜: p296-300

内容説明・目次

内容説明

「死刑囚!いつもひとりでこの想念に耐え、それが消えないせいでいつも凍え、その重みにいつも打ちひしがれている!」刻々と迫るギロチン刑の時。独房での日々から断頭台に上がる直前まで、主人公は自らの胸の内を赤裸々に告白する。死刑制度廃止を訴えたユゴー27歳の小説。

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB27316866
  • ISBN
    • 9784334753900
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    fre
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    310p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ