人がセックスをやめるとき : 生殖の将来を考える

書誌事項

人がセックスをやめるとき : 生殖の将来を考える

Henry T. Greely著 ; 石井哲也訳

東京化学同人, 2018.12

タイトル別名

The end of sex and the future of human reproduction

タイトル読み

ヒト ガ セックス オ ヤメル トキ : セイショク ノ ショウライ オ カンガエル

大学図書館所蔵 件 / 79

注記

原著初版(Harvard University Press, c2016)の翻訳

内容説明・目次

内容説明

革新的な生物科学技術が今後たどりそうな発展と、その結果として社会が直面するであろう深遠な倫理的および法的な問題を議論する、ヒトという種の未来に関する書。

目次

  • 第1部 サイエンス(細胞、染色体、DNA、ゲノム、遺伝子;生殖の概要とヒトの場合;不妊と生殖医療;遺伝;遺伝子検査;幹細胞)
  • 第2部 道筋(遺伝子解析;配偶子をつくる;研究投資、産業、医療従事者と医療財政;法的要因;政治;新しい生殖技術の利用可能性;イージーPGDの将来)
  • 第3部 その意味合い(安全性;家族関係;公正、正義、平等;強制;単に間違っている;施行と実施;選択)
  • 結論 選択

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB27359563
  • ISBN
    • 9784807909414
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xii, 292, 46p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ