ソーシャル・キャピタルと経営 : 企業と社会をつなぐネットワークの探究

書誌事項

ソーシャル・キャピタルと経営 : 企業と社会をつなぐネットワークの探究

金光淳編著

(叢書ソーシャル・キャピタル, 4)

ミネルヴァ書房, 2018.12

タイトル別名

ソーシャルキャピタルと経営 : 企業と社会をつなぐネットワークの探究

タイトル読み

ソーシャル・キャピタル ト ケイエイ : キギョウ ト シャカイ オ ツナグ ネットワーク ノ タンキュウ

大学図書館所蔵 件 / 160

注記

文献あり

内容説明・目次

内容説明

業績向上・不祥事発生の要因とは—社会ネットワークの功罪を分析し、無形資産による価値創造・イノベーションの効果を考察。

目次

  • 序章 無形資産をどのように捉えるのか—マネジメント分野における研究動向
  • 第1部 業績を上げる企業内ネットワークの構築(関わり合う職場における協調的行動;職場で知識をいかに創造するのか;企業グループにおける学習のマネジメント—ナレッジマネジメントを基盤として ほか)
  • 第2部 地域のネットワークがもたらす効果(“中範囲”のコミュニティー・キャピタルで捉え直す;現代の非営利・協同組織はソーシャル・キャピタルを醸成しないのか—生活協同組合パルシステム千葉の事例から;産業クラスターの進化を促進する社会ネットワーク—バイオクラスターの事例から)
  • 第3部 企業/組織と社会の関わり(企業による評判のマネジメントは可能か;社会イノベーションは持続するのか—地域の多様なステークホルダーとの協働;独立社外取締役は企業にとって天使か悪魔か—コーポレート・レピュテーションと企業業績のジレンマ ほか)
  • 終章 社会に開かれた企業統治は可能か

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ