他力の哲学 : 赦し・ほどこし・往生

書誌事項

他力の哲学 : 赦し・ほどこし・往生

守中高明著

河出書房新社, 2019.2

タイトル別名

他力の哲学 : 赦しほどこし往生

タイトル読み

タリキ ノ テツガク : ユルシ ホドコシ オウジョウ

大学図書館所蔵 件 / 49

注記

引用文献: p246-248

参考文献: p248-249

内容説明・目次

内容説明

浄土は、いま、どこにあるか。世界のリアルな非惨の数々を前にして、私たちが往き、生まれ、生まれ続けるべき浄土は、いま、どこにあるか。法然、親鸞、一遍における熾烈な信仰の生成を生/死を超える万人救済の教えとして徹底的に問い直し“他力”の思考と実践をその現代性を鳴り響かせつつ甦らせる—詩人思想家がその生のすべてを賭けた「廻心」の書。

目次

  • 序 ふたたび祈りの姿勢をとるために—あるいは遅れてきた至急便
  • 第1部 「他力」という力(法然の革命—人民のための浄土;親鸞の闘い—マイノリティへの生成変化)
  • 第2部 「赦し」とはなにか(「汝、赦されてあり」—大慈悲の力;赦し得ぬものを赦すこと—「悪人正機説」の過去と未来)
  • 第3部 「ほどこし」という行為(一遍の実践—捨てること、与えること;「遊行」とはなにか—「一声」から集団編成へ)
  • 第4部 「往生」とはなにか(有限性の問い—源信、ハイデガー、そして法然;現世において生/死を超える—称名念仏の刻)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB27766749
  • ISBN
    • 9784309249001
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    249p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ