稚心を去る : 一流とそれ以外の差はどこにあるのか

書誌事項

稚心を去る : 一流とそれ以外の差はどこにあるのか

栗山英樹著

JBpress , ワニブックス (発売), 2019.2

タイトル読み

チシン オ サル : イチリュウ ト ソレ イガイ ノ サ ワ ドコ ニ アル ノカ

大学図書館所蔵 件 / 5

内容説明・目次

内容説明

なぜ、勝てないのか。なぜ、成長できないのか。問い続けて見えたもの。栗山イズム×ファイターズ哲学。8年目に見せる勝利と育成の方程式。

目次

  • 第1章 プロの責任—ファイターズの組織哲学(組織作りの中での「勝利」と「育成」の関係;ファイターズの人間力 それを体現するもの)
  • 第2章 「四番」の責任—中田翔と清宮幸太郎(8年目、勝ち続けるために発想をゼロベースに戻す;「四番・中田翔」の黎明期 苦悩から変わり始めた姿勢 ほか)
  • 第3章 監督としての1000試合—7年目の備忘録とともに(監督として1000試合 何もわかっていない;「戦力が整いました。絶対に優勝します」 ほか)
  • 第4章 指揮官の責任—なぜ、自分のせいだと思うのか(うまくいかないとき、なぜいつも「こっちの責任」と言うのか?;現場の指揮官が大事にすべき心構え ほか)
  • 第5章 7年の蓄積と、8年目の問い(先入観を捨て、野球をリスペクトする)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB2780230X
  • ISBN
    • 9784847097515
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京,東京
  • ページ数/冊数
    240p, 図版[3]p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ