書誌事項

ありきたりの痛み

東山彰良著

(文春文庫, [ひ-27-1])

文藝春秋, 2019.3

タイトル読み

アリキタリ ノ イタミ

大学図書館所蔵 件 / 7

注記

単行本: 2016年刊

シリーズ番号はブックジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

幼いころ過ごした台湾の原風景、直木賞受賞作『流』のモデルになった祖父の思い出、サラリーマンになりたての頃の愚かな喧嘩、マエストロの資格を取るほど惚れ込んだテキーラ、そして、愛する本と音楽と映画のこと—。売れなかった時代も、受賞直後の狂騒の日々も、この人の姿勢は変わらない。作家の魂に触れるエッセイ集。

目次

  • 第1章 はじまりの風景(音楽が聴こえた日;ありきたりの痛み;サンタクロースの失敗 ほか)
  • 第2章 銀幕にたぶらかされて(『実録・連合赤軍あさま山荘への道程』;『大いなる陰謀』;自己紹介 ほか)
  • 第3章 孤独の雨(基本、ひとりぼっち 大学生への提言1;パーティが終わるとき 大学生への提言2;きっかけとしての旅 大学生への提言3 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB27845109
  • ISBN
    • 9784167912499
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    249p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ