予測がつくる社会 : 「科学の言葉」の使われ方

書誌事項

予測がつくる社会 : 「科学の言葉」の使われ方

山口富子, 福島真人編

東京大学出版会, 2019.2

タイトル別名

Simulation, prediction, and society : the politics of forecasting

予測がつくる社会 : 科学の言葉の使われ方

タイトル読み

ヨソク ガ ツクル シャカイ : 「カガク ノ コトバ」ノ ツカワレカタ

大学図書館所蔵 件 / 178

注記

欧文タイトルは標題紙裏による

参考文献: 各章末

索引: 巻末p2-6

内容説明・目次

内容説明

科学的予測なるものの圧力が増大するなかで。先端バイオテクノロジーやDNA型鑑定への期待、災害予測、感染症シミュレーション、地震予測、放射線被ばくのリスク予測、そして政策や経済での活用まで、予測と社会の複雑かつ多面的な関係性を考察する。

目次

  • 過去を想像する/未来を創造する
  • 1 未来を語る—期待の社会学(未来の語りが導くイノベーション—先端バイオテクノロジーへの期待;未来をつくる法システム—DNA型鑑定への期待と失望;防災における「予測」の不思議なふるまい)
  • 2 未来のエコロジー—予測モデルの動態(感染症シミュレーションにみるモデルの生態学;語りと予測の生む複雑さ;過去に基づく未来予測の課題—確率論的地震動予測地図)
  • 3 未来をつくる—予測モデルと政策(政策のための予測を俯瞰する;規制科学を支える予測モデル—放射線被ばくと化学物質のリスク予測;予測と政策のハイブリッド—日本の経済計画における予測モデルと投資誘導)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB2784597X
  • ISBN
    • 9784130561204
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xii, 279, 6p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ