ニュートンに消された男 : ロバート・フック

書誌事項

ニュートンに消された男 : ロバート・フック

中島秀人 [著]

(角川文庫, 21391)

KADOKAWA, 2018.12

タイトル別名

ニュートンに消された男 : ロバートフック

角川ソフィア文庫

Robert Hooke

タイトル読み

ニュートン ニ ケサレタ オトコ : ロバート・フック

大学図書館所蔵 件 / 36

注記

「ロバート・フック : ニュートンに消された男」(朝日新聞社 1996年刊)の改題、加筆・修正

ブックジャケットに「角川ソフィア文庫 K-130-1」の表示あり

参考文献: p11

欧文タイトルはブックジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

「フックの法則」に細胞の「発見」。いまも教科書で誰もが名前を目にする科学者であり、17世紀に時代の寵児として活躍した男、フック。しかし、彼の肖像画は1枚も残されていない。それは、死後にニュートンが彼を学界から消していったからだ。なぜニュートンの論敵となったのか?彼はどんな生涯を送り、どのような研究をしていたのか?抹殺されたもう1人の天才、その業績と実像に迫る!!大佛次郎賞を受賞した本格科学評伝。

目次

  • 文庫版まえがき—ロバート・フックの肖像
  • 序 ワイト島への旅立ち—フックの実像を求めて
  • 1 科学者フックの誕生(ワイト島からオクスフォードへ;科学者フックの誕生;王立協会とグレシャム・カレッジ)
  • 2 フックの科学的業績(ミクロの世界の探究;気体研究への取り組み;フックの日常生活 ほか)
  • 3 二人の巨人(ニュートンの登場—光学論争の始まり;巨人の肩に乗って—美しき和解?;落体の軌道についての論争 ほか)
  • あとがき—若き日の先端研に捧ぐ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ