事故の哲学 : ソーシャル・アクシデントと技術倫理

書誌事項

事故の哲学 : ソーシャル・アクシデントと技術倫理

齊藤了文著

(講談社選書メチエ, 695)

講談社, 2019.3

タイトル別名

事故の哲学 : ソーシャルアクシデントと技術倫理

タイトル読み

ジコ ノ テツガク : ソーシャル アクシデント ト ギジュツ リンリ

大学図書館所蔵 件 / 173

内容説明・目次

内容説明

自動運転車の事故の責任は、誰にあるのか?ドライバーなのか、設計者なのか、製造者なのか?故意、過失そして無過失の責任へ。IoTが社会をつなぎ、未曾有の巨大事故を引き起こす。極度に複雑化した人工物の事故原因は、特定不能となる。製品、制度、法人—人工物のネットワークが社会を覆うとき、技術倫理はどうあるべきか?現在進行中の問題に深く切り込む。

目次

  • はじめに ソーシャル・アクシデントの時代
  • 第1章 事故を考えるための技術論
  • 第2章 安全は科学を超える
  • 第3章 組織・システム・制度
  • 第4章 無過失責任の誕生
  • 第5章 人工物の存在論
  • 最後に 「天災」化する事故

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ