書誌事項

天皇の憂鬱

奥野修司著

(新潮新書, 805)

新潮社, 2019.3

タイトル読み

テンノウ ノ ユウウツ

大学図書館所蔵 件 / 36

注記

初出: 巻末

内容説明・目次

内容説明

天皇は憂えている。戦前も、戦後も、平成の世も—国民がなかなか知ることができないその内面に、大宅賞作家が徹底した取材で深く迫っていく。終戦の日、まだ少年だった今上天皇は何を思われたのか。美智子皇后との恋愛をどのように成就されたのか。いつから、なぜ被災地で跪かれるようになったのか。「終活」はいつから始められたのか。皇室の家計簿はどうなっているのか。…柔らかな筆致でいま浮かび上がる皇室の「光と陰」。

目次

  • 1 陛下はなぜ跪かれるのか—天災と天皇
  • 2 天皇はいつから「終活」を始められたのか—「生前退位」秘録
  • 3 なぜ軽井沢を深く愛されるのか—美智子妃、交流の記
  • 4 終戦の日をどう迎えられたか—天皇皇后とあの戦争
  • 5 家計簿の中身とは—天皇家と東宮家に見る懐事情
  • 6 なぜ恋愛は成就されたのか—美智子妃、密会のとき

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB27896132
  • ISBN
    • 9784106108051
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    247p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ