書誌事項

防災と支援 : 成熟した市民社会に向けて

田中重好 [ほか] 編

(シリーズ被災地から未来を考える, 2)

有斐閣, 2019.3

タイトル別名

Disaster prevention and relief : rethinking the civil society of Japan

タイトル読み

ボウサイ ト シエン : セイジュク シタ シミン シャカイ ニ ムケテ

大学図書館所蔵 件 / 160

注記

その他の編者: 黒田由彦, 横田尚俊, 大矢根淳

参考文献: 各章末

内容説明・目次

内容説明

被災地は市民社会とともにある。毎年のように起こる大きな自然災害と、私たちはどのように向きあうべきなのだろう。東日本大震災を受けて重ねられてきた、社会学の知見を市民にひらく。

目次

  • 第1部 防災パラダイムの転換(これまでの防災パラダイム;津波の避難行動から;災害対策と「想定外」;津波被災の地域社会への埋込み;ポスト3.11・原発防災パラダイムの再構築に向けて—制度的瑕疵の例証と原発防災レジリエンス醸成のみちすじ;防災パラダイムの転換へ)
  • 第2部 支援パラダイムの転換と市民社会(支援パラダイムの転換;自治体間支援の展開;地域社会におけるガバナンス型支援の創発・展開;支援パラダイムの転換とその社会的基盤)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ