書誌事項

閨房の哲学

マルキ・ド・サド [著] ; 秋吉良人訳

(講談社学術文庫, [2508])

講談社, 2019.4

タイトル別名

La philosophie dans le boudoir

タイトル読み

ケイボウ ノ テツガク

大学図書館所蔵 件 / 152

注記

原著 (1795年) の全訳

翻訳の底本、シリーズ名: Œuvres / Sade ; édition établie par Michel Delon, tome 3 (Gallimard, c1998). (Bibliothèque de la Pléiade ; 449)

シリーズ番号はブックジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

由緒ある貴族の家に生まれたマルキ・ド・サド(一七四〇‐一八一四年)は、数々のスキャンダルで入獄と脱獄を繰り返し、人生の三分の一以上を獄中で過ごした。次々に発表された過激な作品群のうち、本書は特に読みやすい内容をもつ上、サド哲学のエッセンスが盛り込まれている。第一級の研究者がついに手がけた「最初の一冊」に最適の決定版新訳!

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB28026318
  • ISBN
    • 9784065153413
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    fre
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    337p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ