ニッポンのうたはどう変わったか

書誌事項

ニッポンのうたはどう変わったか

佐藤良明著

(平凡社ライブラリー, 880)

平凡社, 2019.4

タイトル別名

J-POP進化論 : 「ヨサホイ節」から「Automatic」へ

タイトル読み

ニッポン ノ ウタ ワ ドウ カワッタカ

大学図書館所蔵 件 / 109

注記

1999年5月平凡社新書『J-POP進化論-「ヨサホイ節」から「Automatic」へ』の改題, 増補改訂

内容説明・目次

内容説明

この百年の日本人の心と身体を揺らしてきたのはどんな「うた」だったのか?“和”“洋”“黒”が融合する過程で演歌や歌謡曲が生まれ、うたを受容する日本人の心が変化していくなかで「J‐POP」が育まれる軌跡をスリリングに描く。美空ひばり、フランク永井、森進一、西田佐知子、ザ・スパイダース、キャンディーズ、石川さゆり、さだまさし、サザンオールスターズ、安室奈美恵、そして宇多田ヒカルまで、あの名曲も多数登場。

目次

  • 第1章 J‐POPの「J」とは何か
  • 第2章 和・洋・黒—三つどもえ音階論
  • 第3章 歌謡曲の土着と近代
  • 第4章 「リキミ&ブルース」の成立
  • 第5章 腹に落ちるメロディ—#をめぐる「ソ」の攻防
  • 第6章 ロックする日本のうたを目指して
  • 第7章 日本のうたの生きる道

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ