書誌事項

天才と発達障害

岩波明著

(文春新書, 1212)

文藝春秋, 2019.4

タイトル読み

テンサイ ト ハッタツ ショウガイ

大学図書館所蔵 件 / 92

注記

参考文献: p252-255

内容説明・目次

内容説明

モーツァルト、アインシュタイン、ヴィトゲンシュタイン、南方熊楠—人類史を変えた超天才たちの精神病理を解析すると、発達障害の存在が独創のファクターだったことが見えてくる。「空気が読めない」人々をいかに生かすか?…ヒントは本書に!

目次

  • はじめに 天才と狂気
  • 第1章 独創と多動のADHD
  • 第2章 「空気が読めない」ASDの天才たち
  • 第3章 創造の謎と「トリックスター」
  • 第4章 うつに愛された才能
  • 第5章 統合失調症の創造と破壊
  • 第6章 誰が才能を殺すのか?

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ