近代法の形成と実践 : 19世紀日本における在野法曹の世界

書誌事項

近代法の形成と実践 : 19世紀日本における在野法曹の世界

Darryl E.Flaherty著

(早稲田大学比較法研究所叢書, 46)

早稲田大学比較法研究所 , 成文堂 (発売), 2019.3

タイトル別名

Public law, private practice : politics, profit, and the legal profession in nineteenth-century Japan

近代法の形成と実践 : 19世紀日本における在野法曹の世界

タイトル読み

キンダイ ホウ ノ ケイセイ ト ジッセン : 19セイキ ニホン ニオケル ザイヤ ホウソウ ノ セカイ

大学図書館所蔵 件 / 45

注記

監訳: 浅古弘

原著 (Cambridge, Massachusetts : Harvard University Asia Center, 2013) の全訳

参考文献: p277-305

内容説明・目次

目次

  • 序章
  • 第1章 近世の法実務:対立の超克と徳川法の実態 1615年〜1868年
  • 第2章 法の手続と実務家:明治初年の法実務と変わりゆく道徳
  • 第3章 高い志の代言社、結社、雑誌:法と政治を公衆の前に現す
  • 第4章 政治の可能性と限界:代言人と政党の形成
  • 第5章 国家の中における取り組み:利益の制度化と専門職の形成

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB28197671
  • ISBN
    • 9784792306434
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京,東京
  • ページ数/冊数
    v, 308p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ