理論と批評 : 古典中国の文学思潮

書誌事項

理論と批評 : 古典中国の文学思潮

永田知之著

(京大人文研東方学叢書, 7)

臨川書店, 2019.6

タイトル別名

Currents of thought in Chinese classical literature

タイトル読み

リロン ト ヒヒョウ : コテン チュウゴク ノ ブンガク シチョウ

大学図書館所蔵 件 / 102

注記

参考文献一覧: p268-272

内容説明・目次

内容説明

「道徳・倫理を離れた文学に価値はない」。儒教の枠組みのなかで多分に建前として語られるこうした言説は、時代に伴い多様化する作品と、如何に詩や文章をつくるかという技法論とに結びつき、複数の潮流を為す文学論を生み出していく。紀元前から二十世紀前期まで、文学をめぐるさまざまな言説に焦点を当て、長きにわたり語られてきた文学の系譜をたどる。

目次

  • 第1部 継承と変容(文学論の興起;文学論の発展;文学論の展開)
  • 第2部 言説の系譜(文学論の媒体;文学論の占める位置;言葉による表現の可能性;伝統の総括をめぐって)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB28366906
  • ISBN
    • 9784653043775
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    277, viiip
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ