特攻隊の「故郷」 : 霞ヶ浦・筑波山・北浦・鹿島灘

書誌事項

特攻隊の「故郷」 : 霞ヶ浦・筑波山・北浦・鹿島灘

伊藤純郎著

(歴史文化ライブラリー, 485)

吉川弘文館, 2019.7

タイトル別名

特攻隊の故郷 : 霞ヶ浦筑波山北浦鹿島灘

タイトル読み

トッコウタイ ノ 「コキョウ」 : カスミガウラ・ツクバサン・キタウラ・カシマナダ

大学図書館所蔵 件 / 187

注記

主要参考文献: p218-220

内容説明・目次

内容説明

空への憧れから飛行兵の道を選んだ若者たちは、なぜ、どのように、誰の命令で特攻隊員となったのか。茨城県の霞ヶ浦や鹿島灘での厳しい訓練と、食事や外出などの生活から特攻隊の原風景を探り、その歴史を問い直す。

目次

  • 特攻隊の原風景—プロローグ
  • 霞ヶ浦のほとりで(予科練生の原風景;描かれる予科練;予科練特攻隊の原風景)
  • 筑波山を仰いで(「筑波隊」の原風景;もう一つの「筑波隊」;筑波山と特攻隊)
  • 北浦湖畔で(陸軍最初の体当たり部隊;万朶隊誕生;万朶隊以後)
  • 鹿島灘に向かって(人間爆弾「桜花」の原風景;眼に映る桜花)
  • 特攻隊の現風景—エピローグ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ