来談者のための治療的面接とは : 心理臨床の「質」と公認資格を考える

書誌事項

来談者のための治療的面接とは : 心理臨床の「質」と公認資格を考える

増井武士著

遠見書房, 2019.6

タイトル別名

来談者のための治療的面接とは : 心理臨床の質と公認資格を考える

タイトル読み

ライダンシャ ノ タメ ノ チリョウテキ メンセツ トワ : シンリ リンショウ ノ シツ ト コウニン シカク オ カンガエル

大学図書館所蔵 件 / 38

注記

参考文献: p125-126

内容説明・目次

目次

  • はじめに—独断と偏見と主観の洗練
  • 第1章 私が歩んできた心理臨床の道
  • 第2章 スクールカウンセラー制度の導入と心理臨床家の質の低下
  • 第3章 資格問題への長年の懸念
  • 第4章 公認心理師の試験方法に対する懸念と疑惑
  • 第5章 心理臨床における質の低下
  • 第6章 私の治療的面接の原則論

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ