恐竜まみれ : 発掘現場は今日も命がけ

書誌事項

恐竜まみれ : 発掘現場は今日も命がけ

小林快次著

新潮社, 2019.6

タイトル読み

キョウリュウマミレ : ハックツ ゲンバ ワ キョウ モ イノチガケ

大学図書館所蔵 件 / 95

内容説明・目次

内容説明

ファルコン・アイ(ハヤブサの眼)の異名を持つ恐竜学者の砂まみれ、汗だらけ、命がけの日常業務!!

目次

  • 第1章 恐竜学者と「化石コレクター」のはざまで
  • 第2章 あれほど欲しかった化石が、いまは憎い
  • 第3章 大発見は最終日の夕方に起きる
  • 第4章 恐竜化石を「殺す」のは誰か
  • 第5章 探検家ではなかったはずだが
  • 第6章 世界遺産バッドランドへ乗り込む
  • 第7章 危うく「ネイチャー」誌の掲載を断りかける
  • 第8章 ついに出た、日本初の全身骨格
  • 第9章 恐竜界50年の謎“恐ろしい腕”の正体は
  • 第10章 「命を預けて」でも行きたい極地

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB28483455
  • ISBN
    • 9784103525912
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    238p, 図版 [3] p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ