書誌事項

人口論

マルサス著 ; 永井義雄訳

(中公文庫, [マ-5-2])

中央公論新社, 2019.7

改版

タイトル別名

An essay on the principle of population, as it affects the future improvement of society

タイトル読み

ジンコウロン

大学図書館所蔵 件 / 9

注記

初版: 1798年刊

中公文庫 「人口論」 1973年刊の改版、底本は同文庫版 (10刷 2009年刊)

シリーズ番号はブックジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

人口は等比級数的に増加するが、食糧は等差級数的にしか増加しない—。人口急増期を迎え、人口増こそ富める国の証しとされた一八世紀ヨーロッパで、その負の側面に切り込んだマルサス。ケインズが「若々しい天才の作品」と評した論争の書は、今なお人口問題を考えるうえで多くの示唆に富む。

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB28573580
  • ISBN
    • 9784122067622
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    291p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ