書誌事項

子午線を求めて

堀江敏幸 [著]

(講談社文芸文庫, [ほF1])

講談社, 2019.8

タイトル読み

シゴセン オ モトメテ

大学図書館所蔵 件 / 50

注記

底本: 講談社文庫, 2008年10月刊

叢書番号はブックジャケットによる

年譜: p277-289

内容説明・目次

内容説明

フランスで長らく経度の基準とされてきた、パリ子午線。敬愛する詩人ジャック・レダの文章に導かれて、その痕跡をたどりながら、「私」は街をさまよい歩く。パリの郊外が抱え込む闇を抉り出したセリーヌやロマン・ノワールの書き手たちへの眼差し。断章で鮮やかに綴るエルヴェ・ギベールの肖像…。著者の作家としての原点を映し出す、初期傑作散文集。

目次

  • 1(子午線を求めて—ジャック・レダに)
  • 2(いちばん低い雲;象を説得すること;アンボワーズの春;美しい母の発見;距離について;人恋しさについて;変名について;忘却の河)
  • 3(セリーヌとロマン・ノワールのための序章—『夜の果てへの旅』と郊外;コンクリートの氷野—ロマン・ノワールと郊外;ブゾンとラ・クルヌーヴのはざまで—セリーヌと郊外)
  • 4(長いあいだ、私は寝相が悪かった;ジャン・プレヴォーのために;忘れられた軽騎兵;カメレオンになろうとしているのに、世界はたえず私から色を奪っていく;内なる港の光景;空虚の輪郭;そして誰もいなくなった;ぼくの叔父さん)
  • 5(下降する命の予感—エルヴェ・ギベールをめぐる断章)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB2869789X
  • ISBN
    • 9784065168394
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    289p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ