「謀反」の古代史 : 平安朝の政治改革

書誌事項

「謀反」の古代史 : 平安朝の政治改革

春名宏昭著

(歴史文化ライブラリー, 487)

吉川弘文館, 2019.9

タイトル別名

謀反の古代史 : 平安朝の政治改革

タイトル読み

「ムホン」 ノ コダイシ : ヘイアンチョウ ノ セイジ カイカク

大学図書館所蔵 件 / 187

注記

参考文献: p197-198

内容説明・目次

内容説明

平安前期、充実した国政運営が進展する一方、承和の変をはじめとする政変が頻発したのはなぜか。有能な官僚による「良吏政治」の下で変質する天皇のあり方などを読み解き、政治を動かす巨大なエネルギーの実態に迫る。

目次

  • 古代の政変・謀反・クーデター—プロローグ
  • 良吏政治の展開(“時代”が変わる—ワンランク上の国家を目指して;官人たちが変わる—「良吏政治」のスタート;天皇が変わる—桓武天皇と平城天皇;嵯峨朝への政策継承;良吏政治の実践)
  • 天皇大権のゆくえ(淳和朝・仁明朝の政治状況;承和の変;母と娘—橘嘉智子と正子内親王;文徳朝・清和朝の様相;応天門の変)
  • 貴族の時代へ(源氏の左大臣と藤原氏の右大臣;清和天皇の悲嘆;藤原基経の国政運営;陽成天皇の廃位;阿衡の紛議;昌泰の変)
  • 政治を動かす巨大なエネルギー—エピローグ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ