良いスウェーデン、悪いスウェーデン : ポスト真実の時代における国家ブランド戦争

書誌事項

良いスウェーデン、悪いスウェーデン : ポスト真実の時代における国家ブランド戦争

ポール・ラパチオリ [著] ; 鈴木賢志訳

新評論, 2019.8

タイトル別名

Good Sweden, bad Sweden : the use and abuse of Swedish values in a post-truth world

良いスウェーデン悪いスウェーデン

タイトル読み

ヨイ スウェーデン、ワルイ スウェーデン : ポスト シンジツ ノ ジダイ ニ オケル コッカ ブランド センソウ

大学図書館所蔵 件 / 96

注記

参考文献・資料一覧: p206-232

内容説明・目次

内容説明

「真実」も「嘘」も瞬時に千里を走るネット時代、280字の「つぶやき」を武器とする戦争がはじまった!?刺激に満ちた政治・社会・文化エッセイ。

目次

  • 第1章 クリスマスの灯、暴動、理想郷の崩壊
  • 第2章 トランプ、アイゼンハワー、成功の価値
  • 第3章 難民とオルタナティブ・メディア
  • 第4章 突然変異
  • 第5章 ニュースの心理学と経済学
  • 第6章 ポスト真実の世界
  • 第7章 スウェーデン式の逆襲
  • 終章 国家ブランド戦争を勝ち抜くために

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ