大江健三郎とその時代 : 「戦後」に選ばれた小説家

書誌事項

大江健三郎とその時代 : 「戦後」に選ばれた小説家

山本昭宏著

人文書院, 2019.9

タイトル別名

大江健三郎とその時代 : 戦後に選ばれた小説家

タイトル読み

オオエ ケンザブロウ ト ソノ ジダイ : センゴ ニ エラバレタ ショウセツカ

大学図書館所蔵 件 / 90

注記

参考文献: p325-327

内容説明・目次

内容説明

四国の山深い地に生まれ、上京後まもなく東大生作家としてデビュー、23歳で芥川賞を受賞、1994年にはノーベル文学賞受賞。華々しい活躍とともに時代の寵児となった小説家は、核や憲法九条など戦争と平和をめぐる問題について社会的発言を続けた知識人であり、オピニオンリーダーでもあった。本書では、半世紀以上にわたり書き継がれた数々の作品と発言を隅々まで渉猟し、相互に影響し合った作品と時代の関係を丹念に解き明かしていく。気鋭の戦後史研究者が挑む、画期的評伝。

目次

  • 序章 四国の森から東京へ—一九三五〜一九五七年
  • 第1章 「政治の季節」のフロントランナー—一九五七〜一九六三年
  • 第2章 “周縁”の共同体、共同体の“周縁”—一九六三年〜一九六七年
  • 第3章 抵抗する者たちの実存と構造—一九六八〜一九七九年
  • 第4章 「祈り」の共同体—一九八〇〜一九九九年
  • 終章 死者たちとともに—二〇〇〇年以降

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB28801798
  • ISBN
    • 9784409520796
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    327p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ