近代日本の衣服産業 : 姫路市藤本仕立店にみる展開

書誌事項

近代日本の衣服産業 : 姫路市藤本仕立店にみる展開

岩本真一著

思文閣出版, 2019.9

タイトル別名

Modern Japanese apparel industry : its development through the case studies of Fujimoto Garment shop

タイトル読み

キンダイ ニホン ノ イフク サンギョウ : ヒメジシ フジモト シタテテン ニ ミル テンカイ

大学図書館所蔵 件 / 80

注記

欧文タイトルは標題紙裏による

参考文献: p322-338

内容説明・目次

内容説明

日本の衣服産業は、19世紀中期からの約1世紀間に目まぐるしく進展した。しかし急速な産業化はこの分野の学術研究を混乱させ、いまだ十分な議論は積み重ねられていない。本書では、兵庫県姫路市の小規模裁縫業者(藤本仕立店)の家文書を主な史料としながら、その創業から廃業までの姿を追った。戦時経済統制や他産地の動向など、時代の流れに翻弄された同家の実態を浮き彫りにすることで、新たな切り口から近代衣服産業の展開を描く。

目次

  • 本書の主題と藤本仕立店の概要
  • 近代日本の衣服産業史
  • 第1部 藤本仕立店の商品・生産・流通(生産体制と流通体制;取扱商品の主な形態—和服の商品化;取扱商品の構成—多種性の要因と意義;近現代日本で商品化された衣服)
  • 第2部 戦時体制と衣服産業の再編(一九三〇年代までの販売圏の展開とその背景;戦時経済統制下の衣服産業;戦時経済統制下の藤本仕立店;第二海軍衣糧廠姫路本廠と生産組織;戦時経済統制下の業態と取引状況;資産の動向)
  • 近代日本の衣服産業と藤本仕立店研究の意義

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB28995468
  • ISBN
    • 9784784219810
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    xiii, 345, viip
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ