DV被害からの離脱・回復を支援する : 被害者の「語り」にみる経験プロセス

書誌事項

DV被害からの離脱・回復を支援する : 被害者の「語り」にみる経験プロセス

増井香名子著

(MINERVA社会福祉叢書, 61)

ミネルヴァ書房, 2019.10

タイトル別名

DV被害からの離脱回復を支援する : 被害者の語りにみる経験プロセス

タイトル読み

DV ヒガイ カラ ノ リダツ・カイフク オ シエン スル : ヒガイシャ ノ「カタリ」ニ ミル ケイケン プロセス

大学図書館所蔵 件 / 128

注記

参考文献: p241-251

内容説明・目次

内容説明

DV被害者は、どのように被害から離脱・回復し「新たな生活」を構築していくのか。そして、被害者からみて有効な支援とはどのようなものか。本書は、修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチを用いてDV被害者(26人)の語りを実証的に分析することにより、当事者の視点からDVの実態を明らかにした上で、実態に即した具体的かつ実践的な支援のあり方を考察したものである。被害の甚大さ・経験する困難だけではなく、被害者の回復プロセスにも着目した一冊。

目次

  • DV被害者はどのように捉えられてきたのか—先行研究の検討から
  • DV被害者支援の現状
  • 当事者の経験プロセスを知る—M‐GTAを用いて
  • DV関係に陥るプロセス—なぜ離別できなくなるのか
  • 離別の決意に至るプロセス—どのような要因が「後押し」になったのか
  • 離脱の行動プロセス—いかにして関係から「離脱」したのか
  • 生活の再生プロセス—いかにして新しい生活を築いていくのか
  • 「私」の新生プロセス—いかにして自らの人生を新たに生きていくのか
  • 被害者の経験プロセスを俯瞰する
  • 臨機応変な支援のための「ステージモデル」—複雑な構造を乗りこえるための枠組み
  • 自治体への専門職配置とアドボケイトシステム—今後の支援システムへの展望

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ